Q&A



【A1.】
リトミックとは、スイスの作曲家・音楽教育家であったエミール・ジャック・ダルクローズ(1865~1950)によって創案された音楽と動きを融合した教育法です。

子どもたちが言葉を学習する過程において、実際の経験を通して様々な言葉の意味を理解していくように、音楽を学ぶ上でも音楽を経験するということが大変有効になります。

音楽を経験するとは、例えば音楽の強弱の表現を学ぶ場合、聴こえてきた音楽に合わせて力強く大きな歩幅でステップしたり、静かに小さな歩幅でステップしたり、実際に動いてみることによって、呼吸やエネルギーの変化を感じ取っていくことです。それらの身体感覚と結びついた経験が、より音楽の理解を深め、楽器を演奏する時の豊かな表現に繋がっていきます。

幼児期のリトミックでは、子どもたちの心と身体の発達に合わせた様々な音楽活動を通して、表現力、想像力、創造力、反応力、集中力、などを育みます。小さな子どもたちは教えなくても音楽に合わせて自然に動き出したり、既に音楽から何かをキャッチする力をみんなが持っています。リトミックはたくさんのことを吸収する幼児期に、音楽の楽しさや表現する喜びを味わいながら音楽の基礎を学んでいく大変理想的な音楽教育です。

▲Q&Aトップへ



【A2.】
はい、可能です。しかし、1クラスに2名程しかスペース的に余裕がないので、連れてこられるクラスをご紹介させていただきます。

▲Q&Aトップへ



【A3.】
これは本当によく聞かれる質問ですので、詳しくポイントを分けて答えます。

●お子さんの可能性を親が信じる
子供は全員音楽の才能があると思います。その才能を最大限に伸ばしたいとピアノ教師も一生懸命試行錯誤しているわけですが、例えどんなに素晴らしい先生がどんなに素晴らしいレッスンをしても、ご自宅で練習がうまくできないと上手になることはないと思います。もちろん、その練習を上手くさせるよう導くのが、良いピアノ教師の条件になると思いますが。そういう意味では、書道や水泳などの他の習い事とは全然違います。
週に一度習いに行くだけでピアノがどんどん上手くなる、というのは残念ながら不可能だと思います。ピアノが上手くなるためには、お家で練習をしなければならない、というのをきちんとお子さんにお話してください。

●お子さんのピアノに関心をもつ
お母さんはどこのお宅もお忙しいと思いますが、子供のピアノに関して無関心なのはあまり良くないパターンです。となりで掃除や料理などしていても、耳はピアノを聴いていてあげて、今のはどんな感じだったとか、伝えてあげるのはとてもいいことです。
特にポジティブなことはどんどん言ってあげてください。このように、ピアノを弾くと、お父さんお母さんが褒めてくれる、機嫌が良い、などうれしいことがある!というのを早いうちに掴ませるのがポイントだと思います。例えばカレンダーやレッスンノートにお母さんがサインし、練習した曲や時間を書き込んだりシールをはってあげるなどの工夫はとても効き目があります。
毎日の練習でお母さんに褒められ、週一回のレッスンで先生に褒められるという理想的なパターンでいけたら本当にすばらしいですね。歯磨きの習慣も同じだと思うのですが、習い始めから毎日短い時間でもピアノを弾いている生徒さんは何年経っても毎日練習する習慣がついているようです。

●練習のタイミングと頻度
しかしながら毎日練習するのはかなり難しいですね。特に最近のお子さんは習い事もたくさんしていますし、実際私も自分の子に毎日練習させられません。うっかり忘れてしまうこともあります。母親が忘れている時はもちろん子供も忘れています。(けっこう大きくなっても練習を自分で思い出し、弾きはじめる子は殆どいないよう
です。)
私自身、小さい頃、毎日練習していた訳ではありませんでした。しかし、全く練習せずしてレッスンに行ったことは私の記憶では一度もなかったように思います。先生が恐い、優しいに関わらず、「ピアノのレッスンは練習したものを先生に聴いてもらう時間だ」というのを幼いうちから感じとっていたようです。そのことはとても大事なことだと思います。なので、レッスンに行く前は本当に一生懸命練習しました。1週間何もやらなかった日もあったので、そういう時は冷や汗かいて練習しました。まるで中学校の期末試験の前みたいに。レッスンに行く日に学校から帰って練習して来るのは必須事項です。
それが無理ならば前日の夜か当日の朝には頑張って練習しましょう。そして、次にお薦めしたいのはレッスンからかえってすぐ、先生が注意したことを良く覚えているうちに練習することです。当日が無理なら次の日でもかまいません。あと欲を言えばその3日後くらいにしっかり練習できれば良いですね。結果的に、1週間のうち3日練習できれば、かなり上手くなるのではないかと思います。もちろんコンクールを目指したり、音楽の道を歩むことを夢見ている場合は毎日練習しなければなりません。練習の時間帯ですがいつでも構いませんがだいたい生活のリズムの中に組み込めるよう、同じ時間に練習するほうが良いようです。早起きさんなら学校に行く前、夕食の準備をしている間に夕御飯を楽しみにしながら弾くというのもいいですね。

●お母さんは第2の先生ではありません
お母さんの練習のかかわり方についてお話します。世代的にもお母さんの世代はピアノを習っているかたが多く、腕自慢のかたもいらっしゃると思います。しかしながら、お子さんがわからないところを手取り足取り教えてしまうのはやめましょう。私達ピアノ教師は1日も早くお子さんが自分の足で立って歩けるよう指導しています。いつまでたっても音符が読めなくても地道に教えていきます。お子さんも求めもしないのにすぐ手助けされてしまうと楽チンなのでいいのですが、お母さんがいないと練習できない、いつまでたっても一人で音楽が楽しめない子になってしまいます。
それよりは、今弾いている曲は優しい感じの曲ね~とか、今弾いたのはすごくよかったわね~とか一緒に練習を楽しむ感じが良いと思います。ピアノの先生にこう言われたんだ~などを話す相手として、いいアドバイザーになるのが一番良いのではないかと思います。
ちなみに練習については習いはじめてまもない年少、年中さんのお子さんにはあてはまりません。練習がどうしても出来ない場合や、まだおうちにピアノがない、など、習いはじめて間もない方は週に2回レッスンを受けられることをお薦めします。上記の練習に関しては、お子さんによっても年齢差があるのですが、自分できちんと先生とのお約束を守ろうとできる年中、年長さんくらいになってから気をつけていかれたら良いと思います。

▲Q&Aトップへ



【A4.】

もちろんできますが、ピアノを習い始めたばかりの頃は、お子さんにとってかなり練習のモチベーションが高い時期です。この時期を逃すのははっきり言ってもったいないです。
なので、やはりキーボードでもいいですので、鍵盤を用意されたほうがいいと思います。
教室にも無料でご自宅にお貸しできる電子ピアノがございます。ご相談ください。
どうしてもピアノを置けない、というのであれば、その場合、週2回通われることをお勧めします。

▲Q&Aトップへ



【A5.】

ピアノは、生徒さんが習う先生を決めるのと同じくらい、選択は大事です。
これからほぼ毎日弾いていくものがいいピアノであれば、とても大事なことを学べます。
それは「音の響きを聴く」ということと、「美しい音をつくっていく」ということです。
ピアノを習うことは、指をどれくらい動かせるかだと思っている人が多いのですが、実は耳を育てることも同時に行っています。また、ピアノという楽器はタッチの速度や向きなどによって微妙に響きが変わっていきます。
ですので、その耳や音作りを電子ピアノで学ぶのはどうしても無理があります。

とりあえず数年は電子ピアノにして、子供がやる気を持続させていたらピアノ、という考え方もあるのですが、想像以上にお子さんが電子ピアノでは満足できなくなる日は近いです。その場合、電子ピアノは粗大ごみになってしまいますので、私は最初からピアノを買い与えたほうがいいと思います。日ごろ宿題の曲とは離れてピアノをおもちゃのように遊ぶときも自然と音の響きを聴くことを覚えられます。

私はピアノは一生ものと考えているので、お母様が小さいとき使われていたものを手直ししてお使いになるのが良いのではないかと思います。そういうピアノがなくてどうしても買わなくてはならない場合、中古で十分です。中古品でも、弦などの中身を全部新品にしてあるリニューアル品というのがあるのですが、それは本当にお勧めです。もしよろしければ私がお世話になっています調律師さんをご紹介いたしますので、よいピアノを選んでもらうのがよろしいかと思います。

しかしながら住宅事情などでどうしてもピアノが置けないという場合もあるかと思いますので、その場合はしかたありません。もちろん電子ピアノでも一生懸命がんばって上手になっている方はいらっしゃいます。電子ピアノを選ぶときは、なるべく余計なボタンのついていない、シンプルなものがいいと思います。それよりは鍵盤がしっかりしている、ご自分が気に入った音のものを選んだほうが良いようです。

ピアノをお買いになるときは田中まで直接ご相談ください。

▲Q&Aトップへ



【A6.】

私はどんな習い事も子供から親に「習いたい!習いたい!」とせがんで始めるのがベストだと思っているので、そうでない場合は様子見で始めるのはやめた方が良いでしょう。
ピアノは始めたその日から練習した方が良いという他の習い事にはない大変なものです。
なので強い意志があった方がスムーズに行きます。
その場合、ピアノではなくリトミックを始めてみてはいかがでしょうか。
自宅での練習の必要がなく、何よりクラスの中で音楽に触れて行くことによって学んだ音符などを音にしてみたいという気持ちが生まれてくるはずです。
ピアノコースでは、ただ練習してきてくれたものを直すという受け身の姿勢ではなく「今日この生徒には、これを掴ませて帰そう」というポイントを絞った指導をしております。
先生が常に志しを高く持ち、どんどん生徒を引っぱって行くよう努めております。
指導に関わる講師全員が、一人ずつ個性はありますが皆同じ思いです。

▲Q&Aトップへ


コメントは受け付けていません。